丸ごと土に還る、地球に優しいPLECOのプリーツバッグ

こんにちは。

本日は、土に還る優しいエコバッグ、PLECO(プレコ)のご紹介です。


福井県で作られている、「ポリ浮酸」でてきた「PLECO」はknaplus(クナプラス)が開発した革新的なバッグです。


プリーツ加工が施されたBAGは、見た目以上に収納が抜群。 

PAPA'S&MAMA'Sでは、Sサイズ、Lサイズを展開しています。


耐重量はSサイズで10kgまでで、2リットルペットボトル4本分。

Lサイズは15kgまでで、お買い物カゴ一つ分。


見た目の繊細な美しさとは裏腹に、とっても頼もしいバッグです。

プリーツの優れたところは、入れるものに合わせて伸縮できること。


しまうときはコンパクトに、広げると想像以上に入ります。


たくさんのカラーバリエーションがありますが、特におすすめな3色はこちら

コーディネートのアクセントになってくれる、鮮やかなブルー。

昔からある日本の伝統色を感じさせてくれるような、美しいピンク。

流行りのくすみ感のある色が、可愛すぎない上品さです。


グレー×アイボリーのツートーンカラーも、みてるだけで優しい気持ちにさせてくれる色です。


お気に入りのバックは、持っているだけでテンションをあげてくれます。

何色か揃えて、気分で使い分けするのもおすすめ。


さらに、使い勝手と見た目の美しさだけではありません。


近年、ファッション業界でも「サステナビリティ」という言葉が話題となっています。

サステナビリティとは、直訳すると「持続可能な」という意味。


消費の加速するファッション業界では、ファストファッションの流行も拍車をかけ、服の消費は、20年前の消費量の2倍に。環境問題に深刻なダメージを与えてきました。


一説によると、人間の活動によって排出される二酸化炭素量の10%がファッション産業によるものであるとの研究結果も出ています。


そこで今、持続可能なものを使った環境に優しいファッションへの取り組み、いわゆるサステナビリティファッションが提唱されているのです。


すでにハイブランドに限らず、ユニクロやH&Mなど多くのメーカーがそう言ったエコファッションに取り組みつつあります。


プラスチックのボタンを使用しなかったり、レザーは環境に優しいものを、フェイクで作成したり。(エコファーやエコレザーがおしゃれ、という風潮も出てきていますよね。)

リユースへの取り組みも多くなっています。


飲食業界などその他の産業でも、ストローを紙にしてみたり、過剰包装を減らす動きが活発化。買い物袋の有料化も、その一環。


PLECOのバッグは、そうのようなサステナビリティの時代にぴったりの商品です。

お買い物にエコバッグとしても使える。

もしも捨ててしまうときは、ちゃんと土に還る。

自分の生きている時代だけでなく、次世代の子供達のこと、地球を思う。

そんなファッションを、おしゃれに楽しんでみませんか?


PLECOのバッグは、PAPA'S&MAMA'S各店での取り扱いとなっております。

ぜひ、お近くのショップまでどうぞ。


▶︎お近くの店舗をチェック!


パパスアンドママス PAPA'S&MAMA'S LONG TABLE ロングテーブル




  • Instagram

pick up!

Copyright©株式会社パパスアンドママス All Rights Reserved.