思わず「かわいい」と声を上げてしまう!飛騨高山の木版染ぬいぐるみ

手のひらサイズの大きさの、ちょこんと可愛らしい動物のぬいぐるみ。


今日はそんな、我が家で愛されているかわいいアイテムのご紹介です。

我が家に飾っている申(さる)と未(ひつじ)のぬいぐるみ。

丸っこくてコロンとしていて、なんだか温かな気持ちになれるこのぬいぐるみは、岐阜県の山岳都市である飛騨高山の工房「真工藝」にて木版染めで製作されている作品です。


日本の節句や十二支など、様々な種類のぬいぐるみがあり、すべて独自の製法による木版染で、手作り。

版木に色をのせ、丁寧にすった後、高温で色止め。

その後、染色された布を用いてぬいぐるみを縫い合わせます。手作りだからこそ、ひとつひとつに味わいがあるのです。



玄関先やリビングで、こんな小さな動物たちが出迎えてくれると、なんだかほっこりしますね。

柔らかい質感に、思わず撫でたくなります。


その年の干支を飾ったり、お友達へのちょっとしたプレゼントにもぴったり。

工房ではもちろん、全国のセレクトショップや雑貨店などで取り扱いがあるようです。

贈り物やインテリアに、ぜひチェックしてみてください。


パパスアンドママス

PAPA'S&MAMA'S

LONG TABLE

ロングテーブル

  • Instagram

pick up!

Copyright©株式会社パパスアンドママス All Rights Reserved.